製品の使い方


ダイヤモンドカッターには
 1.すき間のある セグメントタイプカッター
 2.すき間のない オールラウンド(リム)タイプカッター
の2種類があります。下の写真を参考にしてください。

 セグメントカッター      オールラウンドカッター

どちらも物を切る事は同じですが、切った切り口に違いが出ます。

下の写真は釉薬の付いた一般的な瓦の写真です。
この瓦をセグメントタイプリムタイプでその切り口を比較して見ましょう。

       一般的な瓦


セグメントタイプの切り口                                         オールラウンドタイプの切り口
セグメントタイプで切った切り口には、欠けが出てきれいになりません。』
オールラウンドタイプで切った切り口は欠けが無くきれいに仕上がっています。』

※切り口をきれいに仕上げたい瓦やタイルなら、すき間のない『オールラウンド
   タイプ
』をお奨めします。
※切れ味を重視し、欠けが気にならないコンクリートやブロック等には『セグメント
   タイプ
』をお使いください。