製品の使い方


『ダイヤモンドカッターでの面取り作業』
*写真のようにカッターで長時間面取り作業を行うと



*面取りした側が大きく、偏摩耗してしまいます。



*反対側から見ると、刃先に小さい欠けが出ています。
この状況でさらにご使用になられますと、チップ飛びや、もっと危険な基板割れの発生につながります。


ダイヤモンドカッターは、ワークをしっかり固定して、出来るだけ刃先を真っ直ぐにしてお使い下さい。